節約するなら食費から

私の状況、節約する局面、真っ先に押えるのは食費だ。食費ほど削り取り易いものはありません。とりわけ、空腹を我慢するだけで良いのですから。

食費を浮かせる上で、自炊は大事になってきます。外食と比べれば、圧倒的に安価で済みますからね。しかし、私の食べ物力はきちんと厳しくありません。それこそ、小学校レベルの食べ物力しかないと胸を張って言えます。
ですので、私の弁当は各回卵とキャベツの炒め製品とめしだ。それ以外は、目玉焼きにめしとか、凄いらなると醤油めしになります。それでも美味いので継続することができます。

とはいえ、こんな食べ物だけでは飽きが生じることがあります。そんな時は決まって卵かけご飯を食べるようにしています。卵かけご飯は、いかほど食べても飽きが来ないので節電ときの著しい腹心だ。

また、水物費も浮かせるみたい努力しています。外出時は、必ずや水筒を持ち歩くようにしています。意義は水道水だ。日本の水道水は、高レベルですので旨いだ。水道水のおいしさに気づくと、百貨店等で飲み物を貰うのが勿体なく映るようになりますよ。節電もできて水道水のおいしさにも見抜くことができて一石二鳥ですね。

節電をすると決心したならば、とにかく自炊を、そして飲み物は水道水にしてみてはいかがでしょうか。